中小企業診断士

【養成課程】中小企業診断士【日本生産性本部】

更新日:

こんにちは。中小企業診断士の富樫(@NaotoTogashi)です。

本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

前回のブログでは、『【中小企業診断士】私の勉強方法【一次試験】』を書きました。

【中小企業診断士】私の勉強方法【一次試験】

こんにちは。中小企業診断士の富樫(@NaotoTogashi)です。 本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。 前回のブログでは、【中小企業診断士の資格を取得して良かったこと】を書きました。 今 ...

続きを見る

私は一次試験合格後、中小企業診断士の養成課程を経て資格取得しました。

今回は、私が通った日本生産性本部の養成課程での勉強内容の概要など経験したことを書きたいと思います。

中小企業診断士の一次試験に合格して養成課程をご検討されている皆様や、これから診断士を目指そうとしている皆様の少しでも参考になれば幸いです。

こんな方におすすめ

  • 中小企業診断士一次試験に合格、養成課程をご検討されている方
  • これから中小企業診断士を目指そうとしている方

広告

養成課程とは?

まずは養成課程とは何なのか?の概要だけ軽めにご紹介です。

中小企業診断士になるには、下図のステップの何れかが必要です。

一次試験合格後に、【二次試験合格→実務補習】か私の様に【養成課程を修了】の二択です。

養成課程を実施している期間は、私がお世話になった日本生産性本部以外にも中小企業大学校、法政大学、マンパワー、など公的機関や大学、民間企業など養成課程実施機関として認定された機関が幾つかあります。

実施機関については、中小企業庁のサイトの【養成課程・登録養成課程実施機関一覧】をご確認ください。

それぞれの機関によって、半年間平日は日中毎日、1年間で土日と平日夜間、1年間平日は日中毎日、などスケジュールは異なります。

なんで養成課程に行ったのか?

では何故、私は養成課程に行ったのか?ですが、理由は幾つかあります。

  • 当時、半年~一年であれば時間の調整は可能だった。
  • 金銭面は何とか調整可能だった。。。。
  • 診断士の資格取得後、何れは独立したいと考えていた。その為の力を身に付けたかった。とにかくガッツリ学びたかった。
  • 二次試験の勉強も最低限は行ったが、このまま二次試験→実務補習を経ても、何れは独立してしっかりとしてやっていけるか不安だった。自信がなかった。(あくまでも私の場合です。出来る人はどのような状況でも出来ると思います。)
  • そもそも二次試験に受かる自信がなく、そこでズルズルと二次試験の勉強に時間をかけたくなかった。現場に近い場所で学びたかった。(あくまでも私の場合です。)

正直、二次試験でも養成課程でも人それぞれの状況や将来的な目的によってどちらが良いかは左右されると思います。
何が良いか悪いかは人それぞれなのでどちらを選ぶかは自分的にはどっちでも良くて、出来る人はどんな状況でも出来ると思うし、出来ない人は何をしたって出来ないと思ってます。

一番大切なのは自分でしっかりと考えて、決断して、その決断に対して後悔しないよう頑張りきることだと思っています。

「あくまでも私の場合です。」が、将来的に独立したくて、二次試験の自信ないしズルズルしたくなくて、現場の近くで色々学びたくて。

で。当時、時間と金銭の都合もついたので、このタイミングでガッツリ学びたいと考えて養成課程を選びました。

結果、自分はその決断で本当に良かったと今でも思っています。

なんで日本生産性本部を選んだのか?

ということで。色々と考えた結果、養成課程に行こうと決めた後、なんで日本生産性本部を選んだのか?

お金的にはどの機関も大差ないので、それ以外の要素で自分の希望と照らし合わせて考えました。

まずは場所。家の事もあったので都内の自宅から通えるところ。で、日本生産性本部、法政大学、マンパワー、が対象に。

次に、【とにかくガッツリ学びたい】というところで、自分は不器用なので働きながら夜間や土日にガッツリ学ぶのは難しいと思い、マンパワーは無しに。

選択肢として残った二つ。日本生産性本部か法政大学(こちらはMBAももらえる)か?正直とても悩みました。

ここは、とにかく現場で通用する力となるベースが欲しい。という視点で考えました。

養成課程が民間にも開放されたのが2005年。

2010年当時、日本生産性本部は現場のコンサルやコンサルタント養成講座など50年以上の歴史がありプロのコンサルが講師、法政大学も講師の方はプロだがそれまでにコンサルファームとして組織に蓄積されたノウハウが劣るのでは?と考え、日本生産性本部に決めました。
(法政のMBAもらえる&成績良ければ卒業後1年間はインキュベーション施設を無料利用、もとても魅力的で最後まで悩みましたが。。。)

久々のお受験・面接。体力はありますか?('Д')

ということで。久々のお受験。

募集要項にそって応募書類を作成。

  • 申込書(履歴書みたいなの)
  • 職務経歴書・一覧表(経験してきた業務分野・内容を記載)
  • 志望動機(パワーポイントで3ページ程度書きました。)

無事に書類審査は通過、久々のお受験面接。

面接は思ったより短時間、これまでの職務経歴や応募動機を話す。わりとフランクな雰囲気。

最後に「貴方は体力はありますか?」と質問あり。

その質問は予想してなかったので一瞬、('Д')なりましたが、一次試験お休み前まで草サッカーもやっていたので

「あります!すごく下手だけど草サッカーやってました!!頑張ります!!宜しくです!!!」

と勢いで押し切って面接終了。

私がサッカー下手情報は余計だったかと若干後悔しつつ、数日後、無事に合格通知。やったー。(*´ω`)

2011年春から半年間、日本生産性本部の養成課程に通うことになりました。(/・ω・)/

日本生産性本部 養成課程でのお勉強

ということで。2011年3月末日から約半年間、日本生産性本部 養成課程でのお勉強開始。クラスメイトは約30名。銀行員の方が多め。春スタートと秋スタートがあるのですが、春スタートのほうがクラスメイトは多いらしく、色々な人と一緒に勉強できたので私は春スタートで良かったなーと思ってます。

で。ざっくりのスケジュールはこちら(日本生産性本部のWebサイトへリンク)。

最初の一ヶ月は財務、経営戦略、人事管理、生産管理、マーケティング、など概要についての講義が多く、一次試験勉強の肉付け&復習といったイメージ。そこに少しコンサルスキルやコミュニケーションなどの講義あり。

特に課題など多くもなく、全然すいすいいけるなー、体力うんぬん余裕じゃん。とその頃は感じてました。

ただ、4月末頃から実際の企業の事例を用いたケーススタディーもはいり、講義中には終わらず、夜も残って作業したりが増えてきました。で、5月から実際に現場に出向いての診断実習が始まると、そこからはやる事も増えて時間的にかなりきつかったです。

ケーススタディーは、マーケティング関連、財務関連、人事関連、など分野絞ってのものと企業全体についてなど、実際の企業の状況を受けて提案をまとめる感じでした。人事制度などはとても難しく感じました。

あとは診断実習。

診断実習は日曜に移動、月曜から現場で診断開始。実際のお客様企業でヒヤリング、現場を見て回って、課題抽出、提案の方向性まとめ。翌週火曜にお客様へご提案。な流れですが、事前に外部環境の調査、財務分析、モラルサーベイ、などチームで手分けして行うのも講義後の夜がメイン。ここに前述のケーススタディーの課題対応も並行しながら、の時もあるとかなりハードでした。

診断実習先は、チェーン展開の飲食店、製造業の工場、自然あふれるスポーツ施設、食品メーカー、食品メーカー、に行きました。

行った先でのテーマはチーム内で手分けして担当決めでしたが、私は営業・マーケティングを今後の自分の軸にしたかったので、マーケティング関連に立候補して担当してました。

とにかく自分が力を付けたかったのもあるし、そもそもお客様の会社にいって無責任な提案は絶対にしたくなかったので、とにかく時間の許す限り頑張りました。

簡易的なWebマーケティングを始めてPUSHしつつPULLでうんぬん、とか、マスコットキャラを使って全国制覇をうんぬん、とか提案内容に辿り着くまでは大変でしたが、色々と考えたり、自分がそれまで見たことない世界を見れてとても勉強になり楽しかったです。

基本的に行きたい診断先は希望だせましたが、製造業の工場だけは診断前にお客様から「IT業の経験者に自社のIT環境みて欲しい。」と依頼があり、当時のクラスでIT業界で仕事してたのが私ともう一人のSEさんだけだったので、本部から依頼を受けてそこの工場に行きました。工場の生産過程をみて「巻紙分析」でまとめて、そこに現状のIT環境を照らし合わせて、お客様のマンパワーと予算など踏まえて、優先順位をつけてIT環境の改善点をご提案できたのはとても楽しかったです。

ただ、診断実習の時は勿論、実習の準備とケーススタディーが重なった時も。眠い。ひたすら眠いが頑張らなくては。という日々が結構続いたので、面接時の「体力はありますか?」は、まーそれは聞くわな。と痛感しました。

そんなこんなであっという間の半年間。相変わらず草サッカーは上達しないが、診断士としての今後などにある一定の手応えは感じつつ、無事に卒業しました。(*´ω`)

養成課程 日本生産性本部に通って良かったか?

自分は本当に良かったと感じているし、今でも感謝しています。

良かったことを挙げだしたらきりがないですが、

  • 診断実習、ケーススタディーでプロのコンサルの方の考え方とか方法論を直接聞いて学んで、議論できた事。
  • 診断実習で約10日間くらい、泊まり込みでガッツリ診断の実習ができた事。
  • とにかく半年間、ガッツリ勉強できた事。

あたりは日本生産性本部で本当に良かったなーと思います。

自分はそれまでIT業界でネットワークやウイルス対策、CMSなどの法人向け営業を担当していましたが、あまりお客様の業務内容を意識しなくても売れるものだったので、お客様の業務内容など状況を踏まえて課題抽出→提案内容まとめ→提案、という流れを経験できたのは勉強になりました。

一次試験で網羅的に基礎を学んだうえで、実際の方法論・環境調査の際に使うコンテンツなどを学びながら診断実習やケーススタディーでフレームワークも使いつつ提案としてアウトプットできたので、自分の型のベースは出来たと感じました。

一次試験のお勉強でアンテナの感度が高くなったな、と感じ、養成課程でそのアンテナでひろったものをアウトプットできるように少しはなれたかな?と感じています。

養成課程はお勧めか否か?

これは何とも言えないですね。

時間的・金銭的に都合つくなら私はお勧めです。会社でお休みくれたり費用負担してくれるなら絶対にお勧めです。

あとは私のようにとにかくガッツリ学びたいって方にもお勧めかと。その場合だと日本生産性本部、中小企業大学校、法政大学とかですかね。

ただ。何とも言えないのは状況は人それぞれ、休みとれなかったりとか色々あると思います。それぞれ自分が置かれた状況の中で後悔しない判断ができれば良いのかな?と思います。

たまに、二次試験をとおったほうが養成課程よりもうんぬん、いう人もいるらしいですが、そこは自分にとっては不毛な議論ですね。養成課程と二次試験、一長一短だし、どちらも実務補習や診断実習で現場は学べるし。というか、診断士としての本番は診断士になってからどれだけやれるか?ってことなので、本当に大変なのは診断士になってからだし、ずっと勉強は続きますよ。

なので、そんな不毛な意見を言う人のことは気にしなくて良いと私は思います。
そんなん言い出したら、そもそも中小企業診断士には独占業務ないし、なんでそんな資格目指したの?自分の能力高めたいからでしょ?だったらどちらでもいいんじゃないの?って話だし。あくまでも私の意見ですが。

まとめ

すみません。もっと簡潔に書ければと思いつつ、思い出しながら書いていたら止まらなくなり。。。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。養成課程をご検討の方などに少しでも参考になれば幸いです。

まとめにならず申し訳ないですが、時間とお金が許すなら養成課程はお勧めです。

私は養成課程で学んで自分の型のベースが出来たと感じていますし、少しだけ自信が持てました。

いずれにしても、皆様の状況に応じて悔いのない決断を。

それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました。

-中小企業診断士
-,

Copyright© 中小企業営業部 , 2020 All Rights Reserved.